グリップのカスタムを楽しむ

ハーレーの場合はグリップのような細かいパーツまで豊富に揃っています。
種類はクロームのような金属系からラバー系まで様々なものがあります。どういったものを選ぶかはバイク全体のイメージに合わせるのが1番いいので、カスタムしたい方向性で選んでいくのがいい方法です。

ハーレーをカスタムする事に慣れている人であれば交換はそんなに難しいことではありません。外すのに少し苦労する可能性もありますが、その後は左右がある事に注意して取り付けていくことが大事です。
右側のアクセルワイヤーの部分に注意して行っていけば個人でも交換は可能です。ラバーの持ちやすさとクロームメッキの高級感が一体になったようなものはノーマルグリップと比べるとかなり高級感が出ます。
カスタムする年代のバイクに合わせたものを選択していけばクオリティの高い変更にすることが出来ます。

また革製のカバーもあるので、そういったものをグリップに巻けばそれだけで変化を加えることが出来ます。