ハーレーの正しい洗車方法

ビギナーの方がハーレーを購入した時に悩みのひとつとして洗車方法はどうしたら良いのかと頭を抱える人もいます。
洗車はメンテナンスのひとつですし、汚れやすいメッキ部分やエンジンが剥き出しになっているのでこまめに行うことをお勧めします。

バイク全体に水をかけることで汚れが浮かせ、バケツなどに専用の洗剤を入れて泡立てます。洗い方は下から上に向けて洗うようにしてできるだけ柔らかいスポンジを使うことをお勧めします。

エンジンなどの細かい部分は歯ブラシを使って洗うことで汚れが落ちやすくなります。
洗い終ったらしっかりと水を流して、汚れが取れていなければこの作業を繰り返しましょう。
洗車を行う際に注意点はツーリングなどで帰ってすぐに水をかけないことです。エンジンに熱を持っているため水をかけることで蒸気が上がりますし、メッキの部分が傷みやすくなってしまいますのでエンジンの熱が逃げてから水をかけるようにしましょう。

シートは専用クリーナで汚れを落としてから、革用のワックスで仕上げをしてください。汚れを落とすときは、シートにキズが付かないように、やさしく拭くのがポイントです!